Home > Archives > 2009-10

2009-10

夫婦で!!

夫婦で勤務されているお二人・・・

             今日は下駄箱を分担して塗装中です。

DSC01015・・扉を塗装中のご主人です・・   (左上の奥にいらっしゃいます・・・)

DSC00884・・本体を塗装中の奥様です♥・・

             夫婦で同じ仕事ができるっていいなって思いました。

                    明日にはお客様のもとへと納品されていきます!!

                    

今日は機械のメンテナンスの日!!

毎日毎日フル可動してくれている機械のお手入れをします。

DSC00811機械も職人の腕の一部。

                         スタッフ全員で大切に大切にしています。

   DSC00804   これからも ずっと よろしくお願いします。

DSC00879もうすぐ 『ハロウィン』ですね★★★

                        色々なお店がハロウィングッズでいっぱいなのでウキウキします。

フロント枠製作中・・

バーチの無垢材で、フロント枠を製作中です。 バーチ材の木肌は緻密で色は淡いうすピンク!!

     とっても柔らかな表情をしています。

DSC00818  組立中・・・

DSC00829 『この部材をここに組み込んで・・・・』

DSC00830 『よし!!ビス止め!!』  ドルルル・・・

インパクトを使ってのビス止めは『あっ』という間に終わってしまいます。

                                            完成も もう間近です。

ワインラック完成!!

先週製作したワインラックの塗装が終わりました。

着色をすると 高級感がにじみでてきます。(バックの風景はちょっと××ですけど・・・)

手前に少し写っているのが カウンターです。

カウンターとワインラックの色と艶もばっちりあってます・・・よね!!

DSC00798 『塗装ブースの中にて・・・』

           ◊◊◊◊◊今週の水曜日

                    お客様の所へ納品させていただきます。◊◊◊◊◊

トリマーを使って・・・

トリマーを使って ワインラックの溝を製作中です。

片手で握れるサイズのトリマーは おもに 木材を装飾加工する時に使います。

DSC00742 加 工 中 ・・・・・・・・・『ギューン、、、』

DSC00743  ワインラックの溝が完成!!!

DSC00793 『トン・トン・トン』  組立中・・

       棚板数11枚 × 溝9ヶ所 = 99ケの溝 を  削り上げた職人でした・・・。

            とっても 根気のいる作業でしたが、職人は楽しそうに製作していました。 

                               ここから、塗装部へバトンタッチ!!!!!      

色の調合

塗装ブースで座り込んで何やらごそごそ・・・

でも 顔は真剣!!    よーく見てみると 色の調合の真っ最中でした。

DSC00780  『これと これを 混ぜて・・・』

DSC00782   『どうかな!?』

 

デザインや意匠意図に合わせたお客様のご要望通りの色をつくっていきます。

0001 『カラーサンプル』 ほんの一部ですけど・・・

色の調合は とっても難しい作業です。

木の性質などもよーく知っておかないといけません。

でも、塗装の『た・く・み』は長年の経験を生かして淡々と作業をすすめていきます。

お客様からの依頼通りの色ができた時、職人はとってもいい顔をするんですよ!!

社内安全パトロール及び品質管理

今回はニトリ姫路花田店新築工事の現場へ行ってきました。

パトロール中の写真です。

PA171485 足場の点検中
PA171483 ⇒開口部チェック中①
PA171482 ⇒開口部のチェック中②
 

昇降盤で加工中・・・

今日は ファニチャー事業部にある昇降盤の紹介をします!!

昇降盤は、台の下に鋸の刃が固定されており、足元にあるハンドルを回して台を上下させて

刃の出を調節し、敷居や鴨居の溝を突く事が出来る機械です。

DSC00734■■タウン材を使って枠を製作中■■

     どんどん加工されていく枠材をみていると、

                   『 やっぱり 機械って便利 !! 』

                                  ってつくづく思いました。

塗装の前に・・・

タウン材(無垢)を使用した引戸が塗装ブースに納品されました!!

塗装をする前に、汚れ・キズがないか再度チェックをします。とくに汚れ等は塗装をしてからでは

落ちなくなってしまします。パテ埋めをし、ペーパーをあて、最高の状態で塗装にはいります。

地処理中

DSC00725 ●パテ処理:キズ・くぼみを処理します。

DSC00728 ●サンダーによる下地処理:表面のささくれ等を取り除きます。

DSC00730 ●ペーパー処理:細かい所は職人の手でおこないます。

地味な作業ですが、この作業がとっても大切なんです。

職人は目を皿のようにしてこの作業をおこないます。少しでも、キズや汚れがあったら大変ですから・・・

下地処理をして『つるつる・すべすべ』になった木肌がとっても喜んでいるようにみえます。

・・堀炬燵枠製作中・・

DSC00718 

ホワイトオークの無垢材を使って、堀炬燵枠を製作してます。         

ホワイトオークは、柾目がとっても上品な木材です。             

合計8台を製作。1台・1台、決して手をぬく事なく真剣な顔で製作中です。                             

      

冬も もう間近・・・ 

       『我が家にも掘りごたつが欲しいな~』って思ってしまいました。

Home > Archives > 2009-10

Return to page top