Home > Archives > 2016-01

2016-01

間伐材木製椅子

桧の間伐材を使用して小・中学校の椅子を製作していきます。

DSC01704 DSC01705

工場長が部材のチェック中です。

DSC01710

カットした部材を組んでいきます。

 

DSC01706  DSC01709

ここで使用している間伐材は広島県産です。

間伐材 とは

  森に植林をし、手入れをしないでおくと、木が密集し成長が悪くなります。

  また、日光がとどかないので地面に草が生えず、生き物の少ない暗い森になってしまいます。

  健全な木を育てるために一部の弱った木を引き抜く事を間伐といい、間伐をして得られた材木

  が間伐材です。

間伐をすることで、木は根をはり、水を蓄え、豊かな土を守る森の力が強くなり、土砂崩れなどの

災害がおきにくくなります。又、伐された森林では木々の成長が促進され、二酸化炭素の呼吸量

が増加し、温室効果ガスの削減機能も発揮します。このような事から近年、間伐材が見直されて

きています。

私達の職業は無垢と自然素材を使用します。無垢と自然素材には人に優しいメリットがたくさんあります。

使用していく以上、自然を守る事、自然の恵みを大切にするも考えていかなくてはならないと思っています。

 

 

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Home > Archives > 2016-01

Return to page top