匠の徒然日誌

レジ台

杉の無垢材とポリ化粧板・メラミン化粧板を使用してレジ台を製作しました。

 

■お客様側

杉は肌にしっとりとなじむような触り心地とやわらかさが特徴です。

お客様が触れられる場所はそんなあたたかみのある杉材を使用し てい

ます。

DSC02506

 

■従業員側

ポリ化粧板やメラミン化粧板は無垢材に比べて擦り傷が

つきにくく、お手入れもとても簡単です。

なので、従業員の方々がお仕事をされる側にはこの材料

が使用されています。

DSC02507

DSC02509

 

お客様のこと・従業員のこと・使用頻度までをよく考えて設計された

家具の完成です。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

超仕上げ

店舗のリニューアルに伴い、まな板のリフレッシュを依頼してくださいました。

仕上げは超仕上げでということでした。

超仕上げとはカンナで木の表面をうすーく削って仕上げる事をいいます。

刃物で削ることにより木の大切な導管を潰さずにすみますので、呼吸・調湿機能

を損なう事なく光沢のあるすべすべとした仕上がりになるのです。

 

一心腐乱・・・・

真心こめて丁寧に

DSC02479

集中しすぎて放心状態・・・・

DSC02480

再び一心不乱・・・

DSC02479

DSC02481

もうすぐ完成します。

使い込まれて味のあるまな板も好きですが、リフレッシュをして

生まれ変ったまな板もいいものですね。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

【壁面パネル】

NCにて図柄を彫り込み中

DSC02021

DSC02019

細部は職人の手で仕上げていきます。

DSC02018

塗装

DSC02032

取り付け完了

1626

バックから照明の灯りがもれていてとても綺麗です。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

収納ケース№2

先日紹介させてさせてもらった収納ケース

実はこのソフトを収納するものなのです。

DSC02445※iSTAR-2(出荷ラベル発行ソフト)

 

商品のご紹介

ラベル(荷札)の交換の為上部は蓋になっています。

DSC02438

 

下部の隙間からコンセントが出るようになっています。

DSC02439

 

引き出しにラベルの予備収納ができます。

横の丸穴は熱抜きです。

DSC02444

 

完成

DSC02437

全てぴったり!!お見事!!

(ごめんなさい自画自賛でした・・・・)

納品先の事務所には野球をこよなく愛される方がたくさんいらっしゃるので

引き出しはヘルメット型にしました。

以上が商品の説明となります。

最後までありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

つぶやき・・・
S君が一生懸命製作をしてました。
『この商品を通して新しい技術を身に着ける事ができました』
言ってくれました。
製作途中でヘルメットのかたちも色々提案をしてくれました。
いろんな事がうれしかったな~
商品の納品も一緒にいきました。
お客様もとても喜んでくださいました。
S君もとっても嬉しそう。
まだまだ一人ではものづくりはできないけれど
先輩に色んな事を教えてもらいながら、あせらずゆっくり一歩一歩
前へ進んでほしいな。
  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

リメイク

おばあさまが長年ご使用になられていた茶箪笥です。

とても大切にご使用になられていたようです。

この茶箪笥、ほんとに綺麗でなにかあたたかい感じがします。

DSC02392DSC02391

おばあさまが大切にご使用になられていた茶箪笥を

お孫さんがご使用になられるということでリメイクをさせていただけることになりました。

 

引き出し等のがたつきを丁寧になおしていきます。

DSC02394DSC02399

修繕が完了です。

DSC02402

 

塗装も完了です。

DSC02459DSC02454

 

DSC02468

少し濃い目の茶色に塗装をし、引き戸部分をアクリル板にしました。

お客様への納品がとても楽しみです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

つぶやき・・・
これからはお孫さんが大切にご使用になられるんだろうな。
家具製作に携わるものとしてこのように大切に家具をつかってる
方がいらっしゃるんだと思うととても嬉しい。
おばあさまの大切な家具を私たちにまかせていただいてありがとうございました。
私達もずーっと使っていただける家具製作をめざさないと!!
と一人意気込む今日この頃
  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

収納ケース

DSC02408

先日より小物製作に取り組んでいる新入社員。

只今上司からの指導をうけているところです。

DSC02417

 

DSC02409

何が出来るかは又後日・・・・

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

成長

新入社員のスタッフが棚板の面仕上げをしています。

入社して半年・・・

彼が入社してきた頃は春の風がここちよい時期だったな・・・

色々な事が出来るようになりました。

失敗の数だけ成長していきました。

DSC02390

 

季節はもう秋

DSC02388

秋がすぎて冬がきて・・・

又春を迎える頃にはとてもたくましくなっているんだろうな。

一緒に頑張ろうね。

 

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

仕上がりました。

先日、加工の様子をお伝えした

帯鋸加工(エイジング)の梁が完成しました。

DSC02384

DSC02383

着色をする事により、加工部分に黒塗料がしみ込みんでいき

古材感が一層増します。

エイジング加工は木の材質、加工のやり方、色によって全く違う表情をして

くれます。

その分経験が必要になってきますが、とてもやりがいのある技法です。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

帯鋸・木目出し加工

レッドオークの材料で框を製作しています。

アンティークな仕上がりにするために帯鋸めをつけていきます。

同時に木目出し加工もします。

DSC02370

DSC02371

DSC02372

こんな感じにしあがります。

木肌がざらついて古材な感じがでています。

これから塗装です。

色をつけるとアンティークな感じがよくでてくるので

また、ご報告します。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

お仏壇展示ショーケース

お仏壇を展示するショーケースが完成しました。

□□□□□□□□□□□製 作 中□□□□□□□□□□□□

DSC02357
DSC02359

□□□□□□□□完    成□□□□□□□

熟練の職人が完成させました。

その家具をみてすかさず班長が部下へ作業の流れや

つくり方等、色々な事を伝えていました。

伝統技の引継ぎです。

(ごめんなさい・・・大げさでした・・・)
DSC02365

DSC02366

手前の人:『何撮ってんのよー!!』

私:『どこみてんのよー!!』

班長『ちゃんと聞け!!』

DSC02367

手前の人:『はい。すみません・・・』

カメラをむけるとどうも気になるようです(笑)

職人さんたちはこうやって仕事を覚えていきます。

がんばれ!!職人3年生。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Return to page top